音楽でリスニング力アップを目指そう 英会話と多言語スクールアップルkランゲージ梅田校&難波校

入会金半額キャンペーン キャンペーン期間2020年8月31日
入会金半額キャンペーン キャンペーン期間2020年8月31日

アップルkのご紹介

   

音楽でリスニング力をアップ

自宅学習として、語学学習教材のCDや音声を聴いたりしています。ですが、何を言っているか分からなくて飽きてしまいます。
何か他に良いリスニング用の教材はありませんか?

アップルkランゲージより

自習用に語学学習用の教材を使われている方、多いのではないでしょうか。

テキストに付属している音声をご活用の方もいらっしゃると思いますが、音声を書き起こしたものがないと、何を言っているのか分からない、そして面白くない、と聴くのをやめてしまうこと、ありませんか?

リスニング力を上げるポイントは、同じものを繰り返し聴く、ということです。

「えっ!?たくさん、いろんなものを聴いた方がいいのでは?」
と思われるかもしれませんが、ふんわりした状態で英語をたくさん聞いても、頭に残すことができません。
そのため、同じものを繰り返し聴いた方が良いのです。が、どうしても飽きてくる、息抜きがしたい、と感じる時期も出てきます。

そこでオススメしたいのが、音楽です。
もちろん、TOEIC®︎や、英検®︎などの目標がある場合には、音楽よりも検定対策用の音声を聴いた方が効率が良いといえます。しかし「英語学習」としては、洋楽でリフレッシュするのもよいのではないでしょうか。
何よりも音楽は、繰り返し聴いても飽きがきにくい!
というメリットがあります。

邦楽であれば、何度か聴いている間に、いつの間にか歌詞を口ずさんでいること、ありませんか?
歌詞を見たこともないのに、聞いているだけなのに、いつの間にか覚えている。
この状況を洋楽でも作ってみましょう!

洋楽の場合、耳に残りやすいサビの単語から、徐々に文章で分かるようになり、 最終的にはリズムに乗っている歌詞でも聞き取れて内容まで把握できるようになるというのが目標かと思います。

聴き間違いを起こしやすい”correct”(正しい)と”collect”(集める)、”lunch”(昼食)と”launch”(打ち上げる)などの発音に注意しながら聴いてみたり、歌詞を書き出してみるのも良い方法です。

そこに行きつくまでにかなりの時間はかかるかと思いますが、日々何回も聴いていれば、
「あ!ここの部分こういう文章だったんだ」
「ここってこういう言い回ししてたんだ」
と発見があるはずです。
その小さな一つ一つの積み重ねがとても大事なのです。
まずは、流し聞きから少しずつ楽しんでいってください。

英会話コース紹介

アップルKの役立つ英会話ブログ

まずはアップルkのレッスンをお試し下さい[見学・説明・体験予約]

ページトップへ

データサイエンティスト養成スクール まなべくとる 完全月謝制

企業向け 語学講師派遣