no pants subway ride day

Winter in New York is different from Osaka. First of all, winter is a lot colder in New York than in Osaka.
The average temperature for winter in Osaka is between 12° to 6°, while in New York it is between 7° to -2°. Also, there is a lot of snow.
Usually people enjoy the snow when it first appears.
But later, if it doesn't stop snowing, people start to hate it.
I remember when my friends from Japan came to New York. It was their first time coming and their first time seeing a lot of snow. They loved it…for the first day.
After it had been snowing for three days straight, they hated it.



Snow days are good when there is little, but in New York, there is a lot of snow; usually during mid-January through all of February.
Because New York is a busy city, snow isn’t a beautiful white color for long.
Cars and a lot of pedestrians make the snow black and dirty. Also, blizzards can make trains and airplanes malfunction. Snow from blizzards can go up to four feet (120 cm), causing jobs and school to be cancelled. Good for students, bad for workers.

Winter in New York isn’t all bad, though.
There are many things open only during winter time, like the ice skating rink in Rockefeller Center. Many people go there to ice skate.
Also, Rockefeller Center’s giant Christmas tree, Macy’s Christmas window displays, two Broadway tickets for the price of one, etc.
And one of the weirdest events, “no pants subway ride day”. If you go to New York during early/mid January (around Jan. 7th – 15th), you can experience riding the trains without pants with other New Yorkers. It only happens once per year.



I’ve never done it, but I’ve seen it.
No pants in the winter…be prepared to be very cold.

 by Jin TAKAHASHI

NYの冬の楽しみ方 ~New Year’s Eve in NY~

原文(English Ver)はこちら

冬のNYを観光に行く人は、タイムズ・スクエアのカウントダウンの為に、大みそかに行かれる方が多いのではないでしょうか。

タイムズ・スクエアのカウントダウンは、大変人気のあるものですが、NY育ちの私は、そのカウントダウンに行った事もありませんし、もしくはこれからも行こうとも思いません。
一度行った事がある人は、二度と参加する事は無いのではないでしょうか。



なぜかといいますと、タイムズ・スクエアは、何万もの人で身動きが取れないほど、ごった返します。
それはまるで、ハロウィーンの道頓堀のようです。
また、少なくとも8時間前までに、タイムズ・スクエアに到着しないと、場所の確保が難しいですし、
万が一、お手洗いに行くために、その場を離れるような事があれば、確保していたその場所は他の人に取られる事になるでしょう。
カウントダウンの始まる8時間前に着いて、いい場所を確保したとしても、どこにも行くことができないという事です。
トイレにも行けず、食事もできず、全く何もない状況で、ひたすらカウントダウンの目玉である、ボールドロップまでただひたすら待つ!

しかし、有名人を見る事ができるので、それも悪くないという人もいます。
カウントダウン会場では、誰もが知っている有名な歌手のコンサートが行われ、ラッキーだったらTVに映ることもあります。

私は、生粋のニューヨーカーとして、観光客の冬の楽しみ方とはまた別の楽しみ方をします。
冬の寒い時期に友人と出かけるとすれば、中華料理店に行きます!
なぜ、中華か?
それは、安く、お腹いっぱいにとても美味しくいただけるからです。
吹雪く様な日があれば、雪合戦をすることもあります。ストレスの発散になりますし、なんせ無料で楽しめます!
観光客のように、楽しい事はしませんが、大みそかのカウントダウン以外の観光客が行きそうな場所には、全て行きました。

観光だからこその楽しさであり、私にとっての楽しみといえば、友人とセントラルパークや、ブライアントパークに行ったり、Artichoke Pizza、Two Bros Pizza、Shake Shack、Hill Country Chickenなどなど、観光客の観点とは異なった場所を楽しみにしています。
観光での楽しさと、生活での楽しさは全く別物です。
もし、お金と時間と温かい服があれば、冬のNY観光を楽しんでみてはいかがでしょう。
12月はとても寒くはないですが、1月中旬から2月にかけて一段と寒さが強くなります。
準備を整えて、NYの冬の観光を楽しんできてください。そして、是非、お土産話を訊かせてくださいね。

<<原文>>
Most people who visit New York during the winter usually come for New Year’s Eve.
This is when the famous countdown happens in Times Square.

I will say it is popular for visitors, but not for native New Yorkers.
I have never done it and will never do it.
Most people will do it once and never again.
Times Square is packed with millions of people and you just cannot move; like being at Dotonbori during Halloween.

You need to be there early, like at least eight hours early or you might be too far away and if you leave, let’s say to go to the bathroom, you will lose your spot.
Which means if you go there eight hours early and get a good spot, you can’t go anywhere.
No bathroom, no food, no nothing.
Just standing there until the ball drops.
But some people say it’s good. You get to see some celebrities.
There is a live concert with some famous singers and who knows, if you're lucky, you might be on TV.

As a native New Yorker, I don’t do what visitors do.
If I go out with my friends during the winter, we go to a good Chinese restaurant. Why Chinese? Because it’s cheap, large portions and very delicious. Sometimes if there is a blizzard, we have a snowball fight.
Good for letting off steam and it’s free. Yes, I sound like a boring guy. I don’t do a lot of the “fun” things visitors do. I have gone to all those places except New Year's Eve countdown.

To me, a native New Yorker, it’s just okay.
To a visitor it is fun. What’s fun to me is hanging out with my friends anywhere.
It can be Central Park or Bryant Park.
Artichoke Pizza or Two Bros Pizza. Shake Shack or Hill Country Chicken. I will have a different perspective than a visitor to New York.
So I will say: “visiting New York is fun, living in New York will lose the fun.
It’s fun to visit, but to live there is something else entirely”.
So, if you have the money, time and very warm clothes, go visit New York and experience it for yourself.
December is not very cold, but mid-January to February, it gets very cold.
So plan accordingly. Have fun and tell me all about it.

by JIN Takahashi

注意一秒、怪我一生

道路工事や工場などの場でよく使われているこの文言、誰しも一度や二度は見かけたり、また耳にしたことがあるかと思います。

実は、正確にはことわざではなく交通安全協会が募集している現場作業の標語です。
あまりにも有名で、馴染み深いために最近では“新しいことわざ”として一部の辞典でも扱われています。

事故を防ぐために必要な手間はごく些細なものだが、それを怠ると重大な結果につながる、という意味ですね。

早いうちに手を打てば大事(大事)にならずに済む。

という意味では、「後悔先に立たず」や、「転ばぬ先の杖」に近いニュアンスですね。


英訳すると、
“Caution does no harm.” (注意は害を及ぼさない)
といった表現ができるのですが、「注意一秒、怪我一生」にぴったり当てはまるイギリスのことわざがあるんです!

“A stitch in time saves nine.”
(時宜《じぎ》を得た一針は九針を省く/今日の一針、明日の九針)
時宜(じぎ)とは適した時という意味で、綻(ほころ)びは小さなうちに繕(つくろ)えば、さほど手間もかけずに済むが、放置しておくとどんどん大きくなってしまう・・・
ゆえに問題は小さなうちに、また早いうちに対策を講じよう、ということですね。

stitch は、縫い物や手術のときの一針の意味です。

Son: I have not done my homework yet, but there is a TV show coming up I really want to watch.
(宿題をしていないけど、見たいテレビが始まっちゃうよ。)

Mother: You should do it now. A stitch in time saves nine!
(今のうちに済ましておいた方ががいいよ。“今日の一針、明日の九針”というじゃないか。)

ちなみに“A stitch in time saves nine.”の中の time と nine は rhyme(韻《いん》)を踏んでいますね。
日本のことわざ同様、英語のことわざにも韻を含むものがいくつもあるようです。

外れかかったボタンを見つけても縫い付けるのを後回しにしていたら、気付いた時にはボタンごと無くなっていた・・・
なんてことありませんか?

生兵法(なまびょうほう)は大怪我(おおけが)のもと/生兵法は大疵(おおきず)のもと

「おい、君。その程度の腕前でチャンピオンに挑戦するなんて無謀だよ!?」
といった状況の時に使われる、ことわざ。


生兵法は大怪我のもと/生兵法は大疵のもと」とは、

十分に身に付いていない知識や技術、生半可な学問という意味で中途半端に武術をおぼえた者は、それを頼りにけんかをするので、かえって大怪我をする。未熟な知識やうろ覚えの技術で軽率に物事を行うと大失敗をするものだ、
という戒めのことわざです。

起源は1638年刊の、政治論や道徳論などについても記されている儒教思想を説いた書、「清水(きよみず)物語」の中の言葉に由来します。
あまり聞き慣れないですが、誰もが起こしてしまいがちなことわざですね。

さて、英語の場合、17世紀の英国の詩人、アレキサンダー・ポープの言葉に由来します。
A little ( bit of ) knowledge is a dangerous thing.

knowledge の代わりに learning を使った
A little learning is dangerous thing.
(少しばかりの学びは危険なものだ。)

他に、
Crude tactics are the source of grave injury.
(未熟な戦術は重大な怪我のもと。)

Zeal without knowledge is a runaway horse.
(知識無き熱意は暴走する馬のようなものだ。)
zeal : (名詞)熱意、情熱

という関連表現もあります。

怪我をしないで済むように、深い知識を身に着けておきたいですね。

転石(てんせき)苔(こけ)を生(しょう)ぜず

西洋のことわざ“A rolling stone gathers no moss.” の訳語ですね。
「転石(てんせき)苔(こけ)を生(しょう)ぜず/(転がる石に苔は生えない)」。



私たち日本人は、このことわざの相反する二つの意味をシチュエーションによって使い分けますよね。
その1) 活発に活動している人は時代遅れにならない。
その2) 転職や転居を繰り返す人は、地位や財産を築けず大成しない。

その2) のネガティブミーニングとしてこのことわざを用いるのは日本人ならではのようなんです。
私たち日本人は「石の上にも三年」ということわざにもあるように、我慢を美徳とするところが少なからずありますよね。

一方、語源の“A rolling stone gathers no moss.” を使う西洋の人々にとって、調べたところによると、アメリカ人とイギリス人では多少異なるようで、完全にポジティブな意味しか持たないアメリカ人に対し、イギリスでは時としてこのことわざにネガティブな意味を持たせることもあるのだそうです。

そこで当校のアメリカ人講師とイギリス人講師に直接確かめてみました!
結果は二人ともに「ポジティブな意味しかないよ~!」とのことでした。

特にアメリカ人講師からは「アメリカ人はよく転職や、引越しをするけど、よりよい所を求めるためにチャレンジするのは大事なことだから全くもってポジティブだよ!」と言葉が続きました。

我慢や忍耐よりも挑戦することに重きを置く・・・ 
ことわざにも東西の違いが感じられますね。
たしかに、かの有名なベンジャミン・フランクリンも、“Do not fear mistakes.(失敗を恐れるな)”と言っています。
冒険をしなければ何も手に入らない、という意味のことわざは日本にもあります。
「虎穴(こけつ)に入(い)らずんば虎子(こじ)を得ず」。
英語では、“Nothing venture, nothing have.“
また、少しマイナーではありますが「枝先に行かねば熟柿(じゅくし)は食えぬ」なんてことわざもあります。
こちらを英語で表現したものには、“No pain, no gain.(痛みなくして得るものなし)”
“You can't make an omelette without breaking eggs. (卵を割らずにオムレツは作れない)”
などがあるようです。

忍耐することも、冒険することも、大切であるのには変わらないようです!
Page 1 of 812345...Last »

検索

カテゴリ

最近の投稿