ここが違うよ日本のバレンタインデー

原文(English Ver)はこちら



日本のバレンタインデーはNYのバレンタインとはとても異なります。
特にホワイトデーは日本独特の行事と思います。日本と同じ事といえば、多くのお店でチョコレートが売り出される、という事でしょうか。
アメリカのバレンタインは、恋人同士、プレゼントを贈り合い、ロマンチックな時間を過ごす日です。来日して、女性が恋人に限らず、男性に義務のようにチョコレートを渡し、ホワイトデーには、何かしらのスイーツをお返しとして貰う、という日本スタイルのバレンタインデーを初めて経験した時は、変わったバレンタインだな、と感じました。

夫婦であったり、決まった相手がいる場合、チョコレートや、花、アクセサリー、スイーツ等、相手が喜びそうな物をプレゼントし、ロマンチックなレストランへ出かけたり、自宅で素敵な食事を楽しみます。花を贈るとすれば、よくバラが使われます。そして、女性は「情熱」や、「想い」を意味する赤色の服を身に着けます。バレンタインデーは “赤色”の日です。
女性が赤色の服を着ていたら、デートの相手に好意を持っている、という意味になります。



バレンタインデーの時に恋人がいない人は、好きな人にプレゼントしたり、カードを送ったりします。バレンタインの時期に、プレゼントや、カードを贈ると、男女限らず、好意を寄せているという意味になります。
そのため、日本でバレンタインの時、女性からチョコレートをもらい、その意味が好きでも何でもない事を知った時は・・・寂しかったです。 

中学生の時や、それよりもさらに幼かった時には、誰かを好きだったら、プレゼントをしたり、カードを手作りしたりして「私の特別な人になってもらえますか?」と尋ねます。
最近は、この言葉は少しダサいようですが、このフレーズが好きな人もいます。
私もいつか、好きな人に言えれば・・・。

バレンタイン用にカードには、わざと冗談めかしたカードも売られています。
日本にも冗談のきいたカードがあるかわかりませんが、ユーモアのセンスを見せるためにはいい方法と思いますよ。

バレンタインデーはカップルの為の日です、もし、誰かいるのであれば、ワインを飲んで素敵な食事を楽しんでみてください。 
私みたいに独り身の方は、あなたに心を奪われるような誰かを探して下さい! 私も素敵な相手を見つけたいと思います。


<<原文>>
【Valentain's Day】

Valentine’s Day here in Japan is very different than in New York. First off, New York doesn’t have White Day. I think White Day is only in Japan. One thing still remains the same is that many stores sell a lot of chocolate. But the reason behind it is different. In New York, Valentine’s Day is a time where couples give each other presents and have a romantic time outside. In Japan, it seems that women buy chocolate for men; all men. Almost like business. And in White Day, men buy candy(?) for all women. It was very strange for me when I first came to Japan to see Valentine’s Day like this.



In New York, usually if people are married or taken, they buy each other presents. It can be chocolate, flowers, jewelry, candy, etc… For the most part, they try to find what the other partner likes and gets it (if budget permits). It’s to show that they like/love each other. After, they might go for a romantic dinner outside or cook a romantic dinner at home. Flowers are usually roses. The woman will usually wear red. Valentine’s Day is a “red” day. Red represents passion and desire. I guess if you see red, you see romance.

If you are single during Valentine’s Day, some people buy gifts and/cards to the person they like. So, usually if a girl gives a guy a present or card, that usually means she likes him and vice versa. So, to my surprise when I got chocolate from girls here in Japan, it didn’t mean they liked me…(sad)…😭. Old school times, when younger people (junior high or younger) liked someone, they would buy or make a card for the person they liked and usually ask, “would you be my Valentine”? Now a days, that statement is consider cheesy. But some people like cheese. I would like to be cheesy to a girl I like…one day. There are cheesy Valentine cards also. I don’t know if
there are cheesy cards in Japan or if Japan has cheesiness, but I think it would be great as it’s a great way to show your sense of humor…maybe.
Valentine’s Day is a day for couples; so if you have someone, wine and dine them. If not like me, look for someone who will sweep you off your feet.
I want to find someone to sweep.

by Jin TAKAHASHI

カナダの冬の楽しみ方



私の住んでいたトロントの冬はとても寒く、2月には-35度に達します。
さらに北部にあるモントリオールや、ケベックシティーは、更に寒さが増します。
トロントの1年目の冬を過ごした後、あまりの寒さに、カナダの西側に引っ越しを考え出したほどです。結局、引っ越しはしませんでしたが、西部にあるバンクーバーは、同じ時期でも8度程度あり、氷点下になる事はめったにありません。
雪と凍るような寒さと引き換えに、カナダの西側は年中通してよく雨が降ります。

多くの人は、外出を避け自宅で過ごしたり、レストランに行ったり、いくつかの地下街はカナダの寒い冬を避けるために作られています。

私の場合、冬の期間、室内コートでバスケットボールをしたり、その後は、ジャグジーや、ハマム(トルコ式風呂)、サウナ等の施設があるスパでリラックスして過ごしました。
暖かく過ごせますし、身体を温めるのには最適な場所ですよ。
ひとりで過ごす時には、クラシックやジャズコンサートに行っていました。オペラやバレエもいいですよ。一番最近に観たのは「くるみ割り人形」の公演でした。

とはいえ、私は寒さが苦手なので、多くの方がするように、基本的には室内で過ごすようにしています。
たまには、厚着をして、友人とスケートリンクに行くこともありました。スケートリンクはいつでもきれいなイルミネーションがされています。

冬は何かと買い物を楽しむ事が多いようです。ですが、個人的には服もたくさん持っているので、ショッピングを楽しむことは少なく、それよりも、素敵なレストランや、カフェで美味しい食事をすることの方が好きです。
“ルマシフ”という山にスキーに行った時、セントローレンス川がまるで水平線のようで
頂上から滑り出す時には、水平線に向かって飛び込むような感覚になりました。
そして、川に浮かぶ流氷も、言葉にできないほど美しい光景でした。

2月は、一番カナダが寒くなる時期で、そしてバレンタインデーがあります。
独り身の私にとっては関係ありませんが、バレンタインデーには、恋人同士がカードやスイーツ、チョコレートや花等を贈り合います。日本のように3月14日のホワイトデーはありません。
ですが、カナダでのバレンタインの思い出といえば、
リンツ・チョコレートのお店で勤めている友人が5キロ以上のリンツ・チョコレートをプレゼントしてくれた時には「生きててよかった!」と思いました。


テレビで見たことがあるような、冬の雪やイルミネーションを経験したければ、この時期のカナダに是非行ってください、ですが暖かい洋服を持っていく事も忘れないように!

<<原文>>
From my own experience, Canada is really cold during winter. In Toronto, where I was living, it was like -35 degrees in February, and, the farther you go north, around Montreal or Quebec city, it’s even colder.
After experiencing one winter in Toronto, I wanted to go to the western side of Canada for the next one. In Vancouver, at the same time of the year, the temperature is around 8 degrees, it very rarely goes below 0, but I decided to not go there. Instead of the snow and the freezing cold, it rains there most of the time.

Most people decide to stay at home to avoid the cold during winter, or they go to restaurants and do some shopping in one of the many underground structures partially made for that.

In winter, I enjoyed playing basketball on an indoor court with some friends, and after that we spent our time relaxing in a spa with jacuzzis, hammam (Turkish bath), and saunas. That’s a good way to stay warm and to warm up the body.
When I wasn't with my friends, to avoid the cold, I went to concert halls for listening to classical or jazz music. Opera and ballet were good too, the last one I saw was the ‘Nutcracker’.

Anyway, I hated the cold, so I tried to spend my time inside buildings, and I’m not the only one in that state of mind. Most people are like that.
Sometimes, I wore several layers of clothes and I went ice-skating with some friends. There’re always nice illumination displays around the ice rinks.

People like to go shopping during winter, but personally, I have so enough clothes, so shopping is not for me.
Only experiencing things is important to me, that’s why I like to spend my time in nice restaurants and cafés, having great food and drinks.
I went skiing on the biggest mountain in Canada, called “Le Massif”, with some friends. It was wonderful, on the horizon there’s the frozen Saint Lawrence River and when you ski it’s like you dive into that horizon, some ice blocks are detached and make a magnificent scenery. I had a great time.

In February, the coldest month in Canada, there’s Valentine’s Day, couples only exchange gifts such as cards, candies, chocolate or flowers. There is no White Day in 14 March like in Japan. As a single man, that event is not for me. But at that time, in Toronto, I didn’t care at all, one of my friends was working at a Lindt store and gave me more than 5 kg of Lindt Chocolate. Life is beautiful, isn’t it ?

Anyway, if you want to experience a winter like the one you see on TV, with a lot of snow and illumination, you should definitely go to Canada during that time but don’t forget to bring very warm clothes.


by Julien Farinati

カウントダウンだけじゃないNYの冬の楽しみ方 その2

原文(English Ver)はこちら

冬のニューヨーク
NYは冬の大阪と異なります。
まず、大阪の平均気温は6度~12度程度ですが、NYはとても寒さが厳しく-2度~7度で、雪も多く降ります。
初雪の時はうきうきするのですが、その後、雪が降り続く様な事があれば、だんだんと嫌気がさしてきます。
以前、日本から友人がNYに遊びに来た時、初めてのNYで、かつ初めて見る大量の雪だった為、初日は大変楽しんでいましたが、その後3日間、連続で雪が降り続き、げんなりし出していました。

少し降る雪であればいいのですが、NYは雪が1月中旬から2月末まで降り積もります。
白い雪は綺麗ですが、NYは都会ですので、車や歩行者で雪はすぐに黒くなってしまいます。また、ブリザードになると120cmほどの高さまで積り、学生は学校が休みになり良いかもしれませんが、鉄道や空港に支障が出たり、仕事が休みになることもある為、社会人にとっては良いこととは言えません。

とはいえ、NYの冬の期間通して、悪いことばかりではありません。
多くの人がアイススケートを楽しむ、ロックフェラーセンターのスケートリンクや、
同じくロックフェラーセンターに出現する巨大なクリスマスツリー、メイシーズのクリスマス・ディスプレーや、ブロードウェーを通常の価格で2公演見ることができたりと、冬季限定で開催される事も多くあります。
冬の期間で面白い催し物といえば“No Pants Subway Ride Day”でしょうか。もし、NYに1月の上旬から中旬(1/7~1/15頃)に行くことがあれば、ニューヨーカーとともにズボンを履かずに電車に乗る経験ができますよ。



私は、“No Pants Subway Ride Day”に参加したことも、参加している人を見た事もありませんが・・・冬にズボン無で過ごすのは・・・大変寒いのでご注意ください。


<<原文>>
Winter in New York is different from Osaka. First of all, winter is a lot colder in New York than in Osaka.
The average temperature for winter in Osaka is between 12° to 6°, while in New York it is between 7° to -2°. Also, there is a lot of snow.
Usually people enjoy the snow when it first appears.
But later, if it doesn't stop snowing, people start to hate it.
I remember when my friends from Japan came to New York. It was their first time coming and their first time seeing a lot of snow. They loved it…for the first day.
After it had been snowing for three days straight, they hated it.

Snow days are good when there is little, but in New York, there is a lot of snow; usually during mid-January through all of February.
Because New York is a busy city, snow isn’t a beautiful white color for long.
Cars and a lot of pedestrians make the snow black and dirty. Also, blizzards can make trains and airplanes malfunction. Snow from blizzards can go up to four feet (120 cm), causing jobs and school to be cancelled. Good for students, bad for workers.

Winter in New York isn’t all bad, though.
There are many things open only during winter time, like the ice skating rink in Rockefeller Center. Many people go there to ice skate.
Also, Rockefeller Center’s giant Christmas tree, Macy’s Christmas window displays, two Broadway tickets for the price of one, etc.
And one of the weirdest events, “no pants subway ride day”. If you go to New York during early/mid January (around Jan. 7th – 15th), you can experience riding the trains without pants with other New Yorkers. It only happens once per year.

I’ve never done it, but I’ve seen it.
No pants in the winter…be prepared to be very cold.

 by Jin TAKAHASHI

カウントダウンだけじゃないNYの冬の楽しみ方 ~New Year’s Eve in NY~

原文(English Ver)はこちら

ニューヨーク カウントダウン

冬のNYを観光に行く人は、タイムズ・スクエアのカウントダウンの為に、大みそかに行かれる方が多いのではないでしょうか。

タイムズ・スクエアのカウントダウンは、大変人気のあるものですが、NY育ちの私は、そのカウントダウンに行った事もありませんし、もしくはこれからも行こうとも思いません。
一度行った事がある人は、二度と参加する事は無いのではないでしょうか。

なぜかといいますと、タイムズ・スクエアは、何万もの人で身動きが取れないほど、ごった返します。
それはまるで、ハロウィーンの道頓堀のようです。
また、少なくとも8時間前までに、タイムズ・スクエアに到着しないと、場所の確保が難しいですし、
万が一、お手洗いに行くために、その場を離れるような事があれば、確保していたその場所は他の人に取られる事になるでしょう。
カウントダウンの始まる8時間前に着いて、いい場所を確保したとしても、どこにも行くことができないという事です。
トイレにも行けず、食事もできず、全く何もない状況で、ひたすらカウントダウンの目玉である、ボールドロップまでただひたすら待つ!

しかし、有名人を見る事ができるので、それも悪くないという人もいます。
カウントダウン会場では、誰もが知っている有名な歌手のコンサートが行われ、ラッキーだったらTVに映ることもあります。

私は、生粋のニューヨーカーとして、観光客の冬の楽しみ方とはまた別の楽しみ方をします。
冬の寒い時期に友人と出かけるとすれば、中華料理店に行きます!
なぜ、中華か?
それは、安く、お腹いっぱいにとても美味しくいただけるからです。
吹雪く様な日があれば、雪合戦をすることもあります。ストレスの発散になりますし、なんせ無料で楽しめます!
観光客のように、楽しい事はしませんが、大みそかのカウントダウン以外の観光客が行きそうな場所には、全て行きました。

観光だからこその楽しさであり、私にとっての楽しみといえば、友人とセントラルパークや、ブライアントパークに行ったり、Artichoke Pizza、Two Bros Pizza、Shake Shack、Hill Country Chickenなどなど、観光客の観点とは異なった場所を楽しみにしています。
観光での楽しさと、生活での楽しさは全く別物です。
もし、お金と時間と温かい服があれば、冬のNY観光を楽しんでみてはいかがでしょう。
12月はとても寒くはないですが、1月中旬から2月にかけて一段と寒さが強くなります。
準備を整えて、NYの冬の観光を楽しんできてください。そして、是非、お土産話を訊かせてくださいね。

<<原文>>
Most people who visit New York during the winter usually come for New Year’s Eve.
This is when the famous countdown happens in Times Square.

I will say it is popular for visitors, but not for native New Yorkers.
I have never done it and will never do it.
Most people will do it once and never again.
Times Square is packed with millions of people and you just cannot move; like being at Dotonbori during Halloween.

You need to be there early, like at least eight hours early or you might be too far away and if you leave, let’s say to go to the bathroom, you will lose your spot.
Which means if you go there eight hours early and get a good spot, you can’t go anywhere.
No bathroom, no food, no nothing.
Just standing there until the ball drops.
But some people say it’s good. You get to see some celebrities.
There is a live concert with some famous singers and who knows, if you're lucky, you might be on TV.

As a native New Yorker, I don’t do what visitors do.
If I go out with my friends during the winter, we go to a good Chinese restaurant. Why Chinese? Because it’s cheap, large portions and very delicious. Sometimes if there is a blizzard, we have a snowball fight.
Good for letting off steam and it’s free. Yes, I sound like a boring guy. I don’t do a lot of the “fun” things visitors do. I have gone to all those places except New Year's Eve countdown.

To me, a native New Yorker, it’s just okay.
To a visitor it is fun. What’s fun to me is hanging out with my friends anywhere.
It can be Central Park or Bryant Park.
Artichoke Pizza or Two Bros Pizza. Shake Shack or Hill Country Chicken. I will have a different perspective than a visitor to New York.
So I will say: “visiting New York is fun, living in New York will lose the fun.
It’s fun to visit, but to live there is something else entirely”.
So, if you have the money, time and very warm clothes, go visit New York and experience it for yourself.
December is not very cold, but mid-January to February, it gets very cold.
So plan accordingly. Have fun and tell me all about it.

by JIN Takahashi

注意一秒、怪我一生

道路工事や工場などの場でよく使われているこの文言、誰しも一度や二度は見かけたり、また耳にしたことがあるかと思います。

実は、正確にはことわざではなく交通安全協会が募集している現場作業の標語です。
あまりにも有名で、馴染み深いために最近では“新しいことわざ”として一部の辞典でも扱われています。

事故を防ぐために必要な手間はごく些細なものだが、それを怠ると重大な結果につながる、という意味ですね。

早いうちに手を打てば大事(大事)にならずに済む。

という意味では、「後悔先に立たず」や、「転ばぬ先の杖」に近いニュアンスですね。


英訳すると、
“Caution does no harm.” (注意は害を及ぼさない)
といった表現ができるのですが、「注意一秒、怪我一生」にぴったり当てはまるイギリスのことわざがあるんです!

“A stitch in time saves nine.”
(時宜《じぎ》を得た一針は九針を省く/今日の一針、明日の九針)
時宜(じぎ)とは適した時という意味で、綻(ほころ)びは小さなうちに繕(つくろ)えば、さほど手間もかけずに済むが、放置しておくとどんどん大きくなってしまう・・・
ゆえに問題は小さなうちに、また早いうちに対策を講じよう、ということですね。

stitch は、縫い物や手術のときの一針の意味です。

Son: I have not done my homework yet, but there is a TV show coming up I really want to watch.
(宿題をしていないけど、見たいテレビが始まっちゃうよ。)

Mother: You should do it now. A stitch in time saves nine!
(今のうちに済ましておいた方ががいいよ。“今日の一針、明日の九針”というじゃないか。)

ちなみに“A stitch in time saves nine.”の中の time と nine は rhyme(韻《いん》)を踏んでいますね。
日本のことわざ同様、英語のことわざにも韻を含むものがいくつもあるようです。

外れかかったボタンを見つけても縫い付けるのを後回しにしていたら、気付いた時にはボタンごと無くなっていた・・・
なんてことありませんか?
Page 1 of 812345...Last »

検索

カテゴリ

最近の投稿

  Tweet