雨垂れ石を穿つ(うがつ)

語学学習中の皆さま、継続は力なり!
と言ったもので習得には日々の予習・復習が欠かせませんよね。
たとえほんの数分でも毎日復習することが記憶の定着化につながります。

「雨垂れ石を穿つ」
まさに、このことわざ通りで、水のしずくでも長い間には石に穴をあけるように、
わずかな力でも根気よく努力すれば、最後には成功するたとえで、
起源は中国の「漢書(枚乗伝)」にあるようです。



英語での表現は、“Constant dropping wears ( away ) the stone.”
意味は“水滴もたえず落ちていれば、石もすり減ってしまうものだ”となります。

wear away は、「すり減る」という意味があります。

日本語の「雨垂れ石を穿つ」を直訳すれば、
Dropping can drill a hole in the stone.

となってもよさそうですが、wear away を用いることで
(徐々に)積み重なっていく、という内容がより的確に表現されています。

wear は、もちろん“(服を)着る”、という意味がありますが、活用の幅の広い基本動詞の一つで、
・wear away ~を積み重ねて悪くなる。
(例:Her 3 children are wearing away her patience 我慢を重ねる )

・wear off ~(影響/効能)が徐々になくなる
(例:The effects of the alcohol wore off.アルコールの酔いが徐々に消えた。)

・wear out ~(多くの使用により)薄くなる、使えなくなる。
(例:Batteries wear out quickly. 電池がすぐに切れる。 )

・wear ~ down ~を疲れさせる/消耗させる。
(例:Late night shifts wear her down. 彼女を疲れさせる )

(服を)繰り返し着ると、ボロボロになる(疲れてくる)・・・

とイメージするとこれらも覚えやすいのではないでしょうか。

「雨垂れ石を穿つ/点滴石を穿つ」、小さな積み重ねがやがて大きな結果へつながる、
継続は力なりということで「塵(ちり)も積もれば山となる」や、「ローマは一日にして成らず」も類義としてよく使われることわざですね。

備えあれば憂いなし

“降水確率50%”
50%だし、まぁいいか!
と雨傘を置いて出かけたら案の定、雨に降られてしまう・・・。
「備え有れば患い無し」。
普段から何か起きた時のために準備しておけば、いつでも心配はないということですね。



ことわざの起源は中国の故事で、かの有名な孔子(こうし)が編纂したと伝えられる書経(尚書ともいう)
にあります。
なんと、紀元前600年頃に成立! 昔も今も変わらぬ教えですね。

英語ではどのようなフレーズがあるのか、調べてみました。
“Cross the stream when it is the shallowest.”

直訳すると、
『最も浅いところで川を渡れ。』ということで、
無理は禁物という意味で「用心に怪我無し」に当てはまりそうですね。

そして、
“Look before you leap.”
も、よく使われるようです。
『跳ぶ前に見よ。』
シンプルですね。こちらは「転ばぬ先の杖」でしょうか。
leapは跳ぶ、跳びはねる、の意味であり、jumpの類義語ですが、
jumpよりもよりもっと、パッと跳びはねる、サッと前に行くといったニュアンスがあります。
いきなりではなく、少し立ち止まって見よ(考えよ)と伝えるために適した単語ですね。

もうひとつ、
“Chance favors the prepared mind.”
直訳すると
『幸運は備えをした心を好む』、まさに「備え有れば患い無し」ですね。

覆水盆に返らず

一度こぼれた水は元に戻らないことから、一度言ってしまったこと、またはしてしまったことは、
元通りにならないというたとえです。

起源は中国の故事『拾遺記(しゅういき)』ににあるようです。
周の呂尚(のちの太公望)がまだ無名の頃に、読書ばかりしてほかのことをしなかったので妻が出て行ってしまった。
その後、呂尚は出世して王の下で大臣となると、元の妻が戻りたいと言ってきた。
太公望は盆からわざと水をこぼして、
「こぼれた水を盆に戻せたら妻にしよう。」
と言ったという・・・。

この故事から、いったん別れた夫婦は元に戻れないというたとえが元になります。
それでは本題、英語ではどのように表現されるのでしょう。

“It is no use crying over spilt milk.”
(こぼれたミルクのことを嘆いても無駄である。)

取り返しのつかない物事のたとえとして、こぼれた液体が中国・日本では“水”なのに対して、英語では“ミルク”
となるところに思わず納得してしまいませんか?
他の国では“ワイン”になったりするんでしょうか?!

雨降って地固まる

「雨」にどのようなイメージをお持ちですか?
“恵みの雨”と言うように、プラスのイメージもありますが、日本語では、雨=“悪い事”、
といった使い方をよくしますね。

「雨降って地固まる」
この場合の“雨”もです。雨はいやなものだが、雨が止めばゆるんでいた地面がかえって固まることから、
ごたごたしたもめごとなどが起こった後は、かえって物事が落ち着いてよい結果になる、というたとえですね。

例えば、徹底的に論争し合った結果、誤解も解けて二人は前よりかえって仲良くなったね・・・。
といった使い方ができると思います。

英語では、なんと言うのでしょう。
“After a storm comes a calm.”

(嵐の後には凪(なぎ)がやってくる。)
なるほど、日本語と同じような感じですね。

また、“A broken bone is the stronger when it is well set.”というフレーズも
あるようです。
直訳すれば、『骨折した骨は治ったらより丈夫になる』
これも似たような意味で、日本人の私たちも理解できますね。

さらに、こちらは使用シーン(?)が多少限定されそうですが、
“The falling-out of lovers is a renewing of love.”
(恋人同士の喧嘩は恋を新たにする。)
という言い回しもあるようです。

「雨」や「嵐」や「骨折」や「喧嘩」
いやなものではありますが、乗り越えた先にはかえってよい結果が待ってくれているんですね!

しかし、本音を言い過ぎて、言ってはいけないひと言により、取り返しのつかない結果になってしまう・・・
場合も。
こんな状況を表すことわざは、「覆水(ふくすい)盆に返らず」へ。

チェックインカウンター

空港内でトラブルを経験した事ありますか?

比較的、石橋を叩いて渡るタイプの私ですが、一度だけ、空港内で係員に引率される、という失態を犯したことがあります。

トルコに友人と旅行に行った時、国際線から国内線に乗り継ぎ、最終目的地で入国審査を受ける予定だったのですが、
国内線で友人と全く離れた席を予約されていたのが私の運の尽きでした。

最終目的地で、飛行機を降りる時、人の流れに任せてついていくと、国内線の搭乗出口に出てしまい、
入国審査をすっ飛ばしかけそうになった事があります。

「国際線からお乗り継ぎの方は~」とアナウンスがあったのでしょうが、
それを聴き取るだけの英語力もなかった私は、人についていけば、大丈夫!
なんて、思ってしまったのだと思います。

空港では、boarding pass, check in counter 等、空港だからこそ使われる単語もあります。
巨大な空港で迷子になった場合でも、人の流れに任せず、
空港スタッフに尋ねられる英語力を身に着けておいた方が安心ですね!





H=Hanako, S=Staff(at the airport) , A=Apple Air Ground Staff

H : Where is the check-in area?
搭乗手続きはどこで出来ますか?

S : Which airline are you taking?
  どこの航空会社ですか?
 
H : Apple Air.
  アップルエアーです。

S : That's in the South building.
  それは南館ですよ。

H : Oh, South building, Thank you very much.
  南館なんですね! ありがとうございます。

S : Enjoy your trip!
  旅行楽しんできてくださいね。


H : Hello,I'd like to check in for my flight.
  こんにちは。 チェックインをしたいのですが。

A : Where are you flying today?
  どちら行きでしょうか?

H : I'm flying to Japan.
  日本行きです。

A : OK, are you checking in any luggage?
  かしこまりました。お荷物をお預けされますか?

H : Yes, I have one suitcase to check in, and this bag is a carry on.
  はい。 一つスーツケースを預けて、このバックは機内に持ち込みます。

A : Please place your suitcase the scale.
  こちらにお預かり致しますバックを置いて頂けますでしょうか。

H : OK.
  はい。

A : Is there anything fragile or valuable in your luggage?
  お荷物の中に壊れやすいものや貴重品などは入っていませんか?
  
H : No, There isn't.
  はい。ないです。

A : OK, here is your boarding pass.
  かしこまりました。では、こちらが搭乗券です。
Your flight leaves from south-gate 40A and it'll begin boarding at 8:00.
  飛行機は南ゲートの40Aから出発で、8時から搭乗開始となります。
Your seat number is 33C.
  お席は33Cです。

H : Ok, Thank you.
  分かりました。 ありがとうございます。

A : Thank you very much for flying with us today.
  本日はアップルエアーをご利用頂きありがとうございます。
  
Please be at the gate 30 minutes before departure.
  ご出発の30分前にはゲート前にお越しくださいませ。

Have a nice flight!
  ではお気をつけて行ってらっしゃいませ。

H : Thanks.
  ありがとうございます。
Page 1 of 712345...Last »

検索

カテゴリ

最近の投稿