インバウンド対策 中国語の必要性

学割はじめました
学割はじめました
[Information] 2024/01/04 6月の入会キャンペーン!

アップルkのご紹介

   

インバウンド対策 中国の経済成長に伴う中国語の必要性

中国は経済大国として、世界中で重要な役割を果たしています。その急成長と多様な市場は、ビジネスチャンスを無限に広げています。

GDP世界ランキング2022年調べ
によると

1位 アメリカ
2位 中国
3位 ドイツ
4位 日本

引用:YouTube動画 2022 Nominal GDP Rankings by Country | All Countries | IMF announcement in April 2022

となっております。そして、人口ですが

1位 インド/14億2,860万人
2位 中国/14億2,570万人
3位 アメリカ/3億4,000万人

引用元:https://eleminist.com/article/2084

となっており、世界で2番目の経済大国ですよね。
その中国ですが、

※経済大国と大阪のインバウンドへの繋がりを接続する

1年に126万人の中国人が大阪に来られており、特に梅田・難波は日々沢山の観光客で賑わっています。その中でも、このインバウンドで一番多く見かけるようになったのは中国人観光客ではないでしょうか。この流れに伴い、世界共通語の英語だけではなく中国語が求められるシーンも増えてきていることを、接客・サービス業の方であれば実感していることと思います。 簡単な挨拶や道案内から、輸出入やITビジネス・サービス業まで、幅広い職種の方々が中国語の必要性を感じるのではないでしょうか。

中国人観光客に対応するための多国籍語学レッスン

サービス業と言えば、薬局や家電量販店での大量購入が以前から話題になっています。


増える中国語の需要に対応するため、多くのドラッグストアでは通訳を兼ねて中国人スタッフを採用しており、中国語のアナウンスもよく耳にします。
大阪で、観光やお買い物で来られる中国人観光客の接客をする機会がある皆様には、当校で中国語を学んでいただくのは勿論のこと、「英語で学ぶ」中国語レッスンも受講頂けます。

アップルkでインバウンド対策(中国語、英語)を実際に学んでみませんか?

当校の中国語レッスンでは接客やビジネスシーンに役立つ会話を実際に学んでいただけます。

その中でも独学での習得が難しいピンイン(中国語の発音上の読み方の基礎)を講師に丁寧に指導してもらえることが、メリットの一つです。また、四声(同じ漢字の中でイントネーションの違いを学ぶ)では、同じ漢字なのにイントネーションで全く意味が違ってくる言葉を講師とじっくり練習できます。
中国語は発音が少し異なるだけで全く別の意味になる言語ですので、正しい発音で正確に話ができることで、インバウンドの方々にも喜ばれ、会話がはずむことでしょう。


是非、インバウンドの皆さんと円滑なコミュニケーションをとるためにアップルkでまずは学習カウンセリングを受けてみられませんか?


中国語レッスンを見る



アップルKの役立つ英会話ブログ

まずはアップルkのレッスンをお試し下さい[見学・説明・体験予約]

ページトップへ

データサイエンティスト養成スクール まなべくとる 完全月謝制

企業向け 語学講師派遣