ドイツ語を紹介【アップルkランゲージ】

入会金無料キャンペーン期間2021年5月31日まで
入会金無料キャンペーン期間2021年5月31日まで
[Information] 2021/05/01 入会キャンペーン

ドイツ語

   

ドイツ語ってどんな言語

ドイツ語ってどんな言語

ドイツ語は、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタイン、およびスイスの大部分で話されています。

また、フランス、ベルギー、ルクセンブルグ、ポーランド、イタリア、など、一部の地域でもドイツ語が使われています。

日本語として日常的に使っている「アルバイト」や「リュックサック」はドイツ語が語源になっています。

医療用語ではドイツ語を使っていることも多く、カルテ、ウイルス、オペなどの私たちも聞いたことのある医療用語、これもドイツ語からに日本になったものです。
日頃使う単語がドイツ語からきた言葉と知ると、ドイツ語がすごく身近に感じますよね。

ドイツ語のアルファベットと発音

26文字のラテンアルファベットに加え、ドイツ語では3つのウムラウト(アルファベットの上にある二つの点「ä」)とEszett(エスツェット)「ß」 を使用します。

母音は日本語とほぼ同じように発音し、子音、特に破裂音(p、b、t、d、k、g)と鼻音(m、n)も同じような発音です。

Name: [ˈnaːmə]  ナーメ
Pate: [ˈpaːtə]  パーテ

3種類のウムラウト「ä」「ö」「ü」の発音に関して:
「ä」ドイツ語の[e](エ)と非常によく似ており、3つのうちで最も発音しやすいです。
「ö」唇を丸めた状態で[e]と言うことで作られています。
「ü」唇を丸めドイツ語の[i]を発音します。

Eszett(エスツェット)「ß」の発音に関して:
Eszett(エスツェット)はドイツ語特有のアルファベットです。  “ss”の音に似ていますが、ss音とは異なり前の母音を短くすることはありません。
Masse: [ˈmasə] マセ
Maße: [maːsə] マーセ

動詞

ドイツ語の動詞は主語に応じて活用され、動詞の語尾を変更します。

規則動詞と不規則動詞がありますが、いくつかの例外を除いて、活用の仕方は同様となります。
主な違いは、不規則動詞は単語の途中の音に変化があることです。

spielen/遊ぶ sprechen/話す lessen/読む schlafen/寝る
ich:一人称 spiele spreche lese schlafe
du:二人称 spielst sprichst liest schläfst
er/sie/es:三人称 spielt spricht liest schläft
wir:一人称複数 spielen sprechen lesen schlafen
ihr:二人称複数 spielt sprecht lest schlaft
sie/Sie:三人称複数 spielen sprechen lesen schlafen

名詞

ドイツ語の名詞の頭文字は大文字で表記します。
そして、ドイツ語の名詞には、男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つがあります。

名詞の性別は、冠詞で見分ける事が出来ます。
男性名詞には「der」、女性名詞には「die」、中立名詞には「das」という冠詞がつきます。

人に関連する単語の場合、それらは主に人の性別を反映します。

der Mann – 男性(男性名詞)
die Frau – 女性(女性名詞)
das Kind – 子ども (中性名詞)

名詞には単数形と複数形がありますが、残念ながら、英語の複数形の様に最後に-sを追加するよりも少し複雑です。

複数形のルールについて:
・通常の複数形は-e、-er、または-(e)nを語尾が付く
・複数形でも語尾に何もつかない名詞もある。
・多くの外来語の場合の語尾には-sを使用
・多くの場合、母音はウムラウト(2つの点)に変更される

【単数】- 【複数】
Apfel – Äpfel(リンゴ)
Berg – Berge (山)
Haus – Häuser (家)
Name – Namen (名前)
Sofa – Sofas (ソファ)

格のルールについて:
名詞には、主格(Nominative)、属格(Genitive)、与格(Dative)、対格(Dative)の4つの格があります。
これらの格により、文中の名詞の役割がします。主語は主格(Nominative)、所有格は属格(Genitive)、間接目的語は与格(Dative)、直接目的語は対格(Dative)です。
そして、それぞれの格により使用する冠詞が下記のように異なります。

主格(nominative) 属格(genitive) 与格(dative) 対格(accusative)
男性名詞 der des dem den
女性名詞 die der der die
中性名詞 das des dem das
複数形 die der den die

このシステムのおかげで、語順は英語に比べてはるかに簡単です。

たとえば、『男性が子供にリンゴをあげる』の表現には

Der Mann gibt dem Kind den Apfel
Den Apfel gibt der Mann dem Kind
Dem Kind gibt der Mann den Apfel

語順がそれぞれ異なりますが、同じ意味の文章です。
語順を変えても、格のおかげで、何が主語で何が目的かがわかっているためです。

der Mann = 主格
dem Kind = 与格(間接目的語)
den Apfel = 対格(直接目的語)

「ドイツ語には活用がたくさんあって複雑!」と思われたかもしれませんね。
ドイツ語を学ぶには、多くのルールを覚える必要がありますが、文法は論理的でパターンに沿っています。
ルールとパターンを理解するとすぐに学ぶことが面白く、楽しい言語という事が分かりますよ。

ドイツ語レッスン紹介

アップルKの役立つ英会話ブログ

まずはアップルkのレッスンをお試し下さい[見学・説明・体験予約]

ページトップへ

データサイエンティスト養成スクール まなべくとる 完全月謝制

企業向け 語学講師派遣