英検®ってどんなテスト?

英検®

   


 

英検®とは

英検®(実用英語技能検定®)は、日本で最もよく知られている英語の資格試験のひとつで、「読む」「聴く」「書く」「話す」の4技能を測ることができるのが特徴です。年3回実施されています(一次試験:6月・10月・1月)。各種学校はもちろん、さまざまな業界の企業でも英語力の評価基準として採用されています。1級から5級まであり、準1級と準2級を含めて全部で7段階の級が設定されています。
各級一次筆記試験ではリーディングとリスニングの力が試され、さらに1級~3級ではライティングもあります。また、1級~3級では二次面接試験があり、口頭での描写力や自分の考えを英語で話すスピーキング力も試されます。

 

英検®の活用

各種学校で在籍学生を対象とした団体受験が実施されているということもあり、高校や大学などの入試で優遇制度が多く設けられています。特に1級~3級では4技能すべてを測ることができるため(準2級と3級のライティング導入は2017年度)、大学によっては取得級に応じて入試の際に加点対象としたり、準1級以上の取得者の英語入試を免除もしくは満点扱したりするケースもあります。
また、学校だけでなく、業界によっては就職の際に優遇する企業もあり、さらには公務員や教員の採用試験では、英検®準1級以上の取得者に様々な優遇措置が設けられています。

 

英検®のスコア算出方法

一次筆記試験では「読む」「聴く」「書く」の3分野それぞれに同じ点数が割り当てられており、その合計が各級の合格スコアに達していれば一次試験合格となります。合格するためには、各分野でバランスよく得点する必要があります。例えば、1分野で低いスコアを取ってしまうと、他の2分野でよほど高いスコアを取らなくては合格できません。
各分野とも一問あたり均等に配点されているわけではなく、受験者全体の正答数の分布によって相対的にスコアが決定されます。各回によって難易度にも差があるため、同じ正答数でも毎回同じスコアが出るわけではありません。ただし、合格基準スコアは毎回同じです。

一次筆記試験の配点と合格スコア

(R=リーディング・L=リスニング・W=ライティング)

【1級】 R 850点 L 850点 W 850点 合計2550点 合格スコア2028点
準1級 R 750点 L 750点 W 750点 合計2250点 合格スコア1792点
2級 R 650点 L 650点 W 650点 合計1950点 合格スコア1520点
準2級 R 600点 L 600点 W 600点 合計1800点 合格スコア1322点
3級 R 550点 L 550点 W 550点 合計1650点 合格スコア1103点
4級 R 500点 L 500点 合計1000点 合格スコア622点
5級 R 425点 L 425点 合計850点 合格スコア419点

4級と5級には二次面接試験がないため、筆記試験で合格スコアに達していれば、その段階で各級の取得となります。
1級~3級の一次試験合格者は二次面接試験を受け、ここで「話す」力が試されます。そして二次試験でも合格スコアに達していれば、その級を取得することができます。

二次面接試験の配点と合格スコア

1級 850点 合格スコア602点
準1級 750点 合格スコア512点
2級 650点 合格スコア460点
準2級 600点 合格スコア406点
3級 550点 合格スコア353点

4級と5級には、筆記試験の合否とは関係なく、希望者全員がスピーキングテストを受けられます。そこでも合格スコアが設定されており、スピーキング単独で合否が出ます。(スピーキングの結果によって筆記試験の合否が変わることはありません。4級・5級を取得しているかどうかはあくまで筆記試験の合否で判断されます。)
【4級】 500点  (合格スコア324点)
【5級】 425点  (合格スコア266点)

 

二次試験の免除

一次試験に合格し、二次試験のみ不合格となった場合、次の年度の同じ回まで合計3回は一次試験を免除され、二次試験から受けることも可能です。ただし、一次試験免除の場合も受験料は同じです。
 

英検®の申し込み方法

2級~5級は多くの学校で準会場受験(団体受験)を実施しており、その場合は各学校で申し込みを受け付けています。本会場受験の場合は、インターネット申込み、コンビニ端末申込み、特約書店申込みの3種類があります。

各級の受験料(本会場受験)
【1級】  8400円
【準1級】  6900円
【2級】  5800円
【準2級】  5200円
【3級】  3800円
【4級】  2600円
【5級】  2500円
※2級~5級の準会場受験は、上記よりも受験料が安くなります。

アップルKの役立つ英会話ブログ

まずはアップルkのレッスンをお試し下さい[見学・説明・体験予約]

ページトップへ