大学受験で英語・英会話スクール アップルk梅田校&難波校

初めての方へ

   

大学受験で英語資格試験・英会話スクールをお探しの方へ

大学入試に備える 英語・資格試験(外部試験)の受験

大学受験

グローバル化が進む中で、使える英語力を身に着ける事が重要になってきています。
その中でも、大きな変化と言えば、「大学入試英語成績提供システム」の開始と言えるでしょう。

「大学入試英語成績提供システム」では、4技能が評価される英語資格試験をの結果(スコア)を入試試験の一部として取り入れる事になります。

大学受験の外部試験で認められている資格・試験は4技能が評価するため、大学入試に向けて「読む」「聞く」にあわせ、「話す」「書く」を身に着けておく必要が出てきています。

大学・学部により、利用する外部試験や、配点方法が異なります。
例えば、英検2級に合格が出願条件として求められていたり、英検2級に合格していると、加点の対象となります。

また、高校3年の時に受験したものが有効となりますが、それよりも前の時点でテスト慣れをするためにも、実際に試験を受けられるのもよいかと思います。


外部試験として認められている資格試験

1)英検
2)TOEFL iBT
3)IELTS
4)GTEC
5)TEAP
6)TEAP CBT
7)ケンブリッジ英語検定

受験ができる地域や、時期は各英語資格試験により異なります。受験料も¥25,000程度のかかる試験もありますので、お住まいの地域や、受験ができるタイミングなどを調べたうえで、どの資格試験を受験するのか絞った方がよいといえます。

上記、資格試験の中でも一般的に知られているのは英検と言えるでしょう。

英検の場合、従来の試験以外に英検CBT、英検SCBTの2種類があります。
受験する大学によって、従来の英検が認められる場合もありますので、受験される大学の入試要項をご確認ください。

英検CBTと英検SCBTの違い

大学受験 英語

従来の英検の場合、一次試験(筆記)、一次試験の合格者が受験できる二次試験(面接)と2日に分かれています。

英検CBT、英検SCBTは、「大学入試英語成績提供システム」に対応する為のテストで、4技能全てを1日で受ける事ができる、コンピューターテストです。

CBT と SCBTの違いは、CBTは全国16都道府県で、SCBTは全国47都道府県で実施が予定されている等、実施地域数や、SCBTは予約申し込みを行っていれば、希望する開催時期に受験のお席が確保される等ありますが、大きな違いは、ライティングが CBT→キーボード入力、SCBT→手書きがあります。

英文を書く際には、キーボード入力する事に慣れていない方は、手書きのSCBTの方が、本来の力を出す事ができるといえます。

英検の日程や、受験ができる地域などは、英検🄬のHPでご確認ください。

英検🄬のHPへ


英検🄬対策にオススメの勉強法

英検2級:英語で日記を書く

英検🄬の筆記試験の中で、自身の意見を英作文する筆記問題に対応する為に、普段から「英文を書く」事に慣れる必要があります。
小さな出来事でもよいので、書く癖をつけ、場合によっては、主語を変えて受け身で文章を作成してみたりと、英文を作る練習を重ねましょう。

英検準1級:新聞を読む

準1級も同じく、英作文の出題があります。
1問に対する配点の大きさからも、しっかりと押さえておきたい英作文。
出題の内容は「少子高齢化に関してどのように思うか」「日本の教育制度の改善の有無」等、日本語で答えるにも、難しい課題が出題されます。

それに対応するには、まずは新聞を読み、時事問題、環境問題等を理解し、ある程度自分の意見が言えるように準備しておきましょう。
英字新聞等で、情報を収集しておくのも一つの方法です。

英検🄬のコース紹介へ


こんな方へTOPへ戻る

アップルKの役立つ英会話ブログ

まずはアップルkのレッスンをお試し下さい[見学・説明・体験予約]

ページトップへ