・少しづつ話せるようになってきたが、リスニングが苦手。

・仕事で色んな国の方と英語で話す事があるが、アクセントによっては苦労する事がある。

という経験ありませんか?

一昔前であれば、英語を学ぶならアメリカン・イングリッシュで、と考えた方も多いと思いますが、最近では、非ネイティブと英語を使ってコミュニケーションをとる機会が増えてきているのではないでしょうか。

そんな色んなアクセントに対応できるような柔らかい耳を作るには、日ごろからいろんなアクセント、イントネーションの英語を聴く機会を設ける事が大切になります。

そんなこと、日本にいながらできるの? と思われる方もおられると思いますが、色んなアクセントに触れるポイントでは、TED(テッド)の視聴がおススメです。

TEDは皆さんご存知の通り、著名人の講演のインターネット配信です。

毎年、カナダのバンクーバーでTEDカンファレンスという大規模な講演会が行われ、学術的に著名な方であったり、政治家、エンターテイナーが講演を行っています。

講演会ですので、興味がある事柄、講演者を選んで視聴する事も出来ますし、世界各国から集まったいますのでアクセントを優先して講演を見てもいいでしょう。

また、スマホアプリもありますので、時間が空いている時に少しの時間を使って視聴する事も出来ます。

何といっても、英語の字幕が準備されているため、スピーチのスピードについていけなかったとしても、書き起こされたものを英文で見直す事ができ、表現方法、単語力を増やす事に繋がります。

ここで、重要なのが、同じ講演を繰り返し視聴することです。

リスニング力をアップするには、繰り返し、一言一句分かるようなレベルまで聴き込むことが重要になってきます。

主にTED内で使われている単語は、プレゼンテーションで使われる英単語ですので、日常英会話の学習にはTEDは不向きかもしれません。

また、堅苦しさを感じる方もおられると思いますが、中にはプレゼンテーションのタイトルが「頭よさそうにTED風プレゼンをする方法」という変り種のプレゼンレーションもあり、ちょっとしたコメディーのようなものもあります。



何か一つ、繰り返し見られるほど楽しい! 
自分の趣味に合っている! 
などの講演を見つけてみてはいかがでしょうか。