原文(English Ver)はこちら

こんにちは、
アップルkでイタリア語の講師をしているAronです。私は、2016年当時、生まれ育った街でコンピューターの技術者として働いていました。
21歳という年齢で、自分の人生に変化をつけたい、海外に出たいという気持ちを持っていました。
そして、「仕事を辞めて、オーストラリアに旅に出よう!」と大きな(どうにかしている)決断をしました。

まずその準備として、ワーキングホリデービザとも呼ばれている417ビザを取得しました。
ワーキングホリデービザは旅行を目的とし、1年間のオースト滞在期間中に仕事をしたり、学校に通ったりできる18歳~35歳の間に取れるビザです。

ビザの申請は、大変わかりやすくで、いくつかの質問に答えて、ビザ申請費用を支払うだけです。
現在の申請料は200ユーロ(約24,000円)です。その後は、航空券を購入するだけ!
イタリアからするとオーストラリアは、文字通り地球の裏側にある国で、乗り継ぎ時間を抜いてもフライト時間は21時間かかります。

2016年10月19日、古くからの友人Marcoと使い古したバックパックに水着と4,000ユーロ、ビザ、そして怖いもの知らずの気持ちを詰め込んで、ミラノからオーストラリアのブリズベン行きのフライトに搭乗しました。
それまで、故郷のPresezzo以外で生活した事も仕事をしたこともなかったですし、何が起こるか予測する事も出来なかったので、何度もえも言われる不安に襲われました。
ヨーロッパの国々であればまだしも、世界の向こう側の全く知らない場所で、新生活を始めることに大きな不安を抱えていました。
「ワーキング・ホリデービザ」という名のビザを持っていたにも関わらず、イタリアからの所持金を最大限に活用するために、「ワーキング」という言葉だけにフォーカスをした私たちは、1か月以内に仕事を見つける事に決めていました。
最終的には、自分たちが予想していたよりもはるかにいい結果になりました。



10月22日、初外国人の友人となる2人のドイツ人に会う事になります。
彼らは、彼らの友人達(その当時はオーストラリアの南部を旅行中)と一緒に、ウーガルーガというニュー・サウス・ウェールズ州にある町に仕事に行かないか、と誘ってきました。
ワーキングホリデービザは1年間のビザを書きましたが、実際のところ、3カ月間(88日間)オーストラリアのある一定の条件で働くともう1年間ビザを延長することができます。
また、ウーガルーガでの仕事は、農作業ということで、まさにやりたいと思っていた仕事でした。

ドイツ人2名、イタリア人4名、イギリス人1名と大量の荷物のパジェロに積み込んだ、ウーガルーガへの旅は、私にとって、それはまるで、インディージョーンズの映画のような大冒険に出るような気持ちでした。
ウーガルーガに向かう途中、全く何もないところでタイヤがパンクし、真夜中に警察のお世話になったり、外に設置されているテーブルの上で寝たり、まさに映画のような経験を経て、1日後にウーガルーガに到着しました。


一晩お世話になったテーブル

数日、泊まるところと、仕事を探した後で、冒険を共にしたグループから分かれて、我々と、他のイタリア人2名、イギリス人は ブライアン・シェア・ハウスという今までに住んだ中で一番素晴らしい場所での生活を始めました。
それは、いわゆるキャンプサイトなのですが、トレーラーハウスや、プレハブ小屋、木でできた小屋、バスを利用して森の中にあるような雰囲気でした。
もちろん、生活を行う上で、不便で、清潔ではないように見えるかもしれませんが、2年間のオーストラリア生活を通して、一番好きな場所であることに間違いありません。
もう一点言うならば、そのシェアハウスは、イタリア、フランス、イギリス、韓国、台湾、オーストラリア、そして日本等から、多くの国々の人たちで30-40名生活をしていました。

仕事探しの旅の話に戻りますと、どのようにしてかははっきりと覚えていませんが、ブルーベリー農場でフルーツ摘みの仕事を見つけました。仕事の内容は、ブルーベリーを摘み取ってバスケットの中に入れていくものです。
簡単な仕事に聞こえますよね? 私たちがその仕事をすぐにできるようになったかと言うと・・・
残念ながら、なかなか難しいものでした。
ブルーベリーはとても柔らかく、少しでも力を入れると、黒く変色して売り物になりません。
なによりも、給与の支払いシステムが、単価で支払われるため、稼ぐには、いかに早く摘み取っていくかが大切です。
そして、オーストラリアの強い日差しの下で、ブルーベリーを台無しにすることが無いように、細心の注意を払いながら摘み取る必要があります。



そのフルーツピッキングの仕事は、長く続けませんでした。
その仕事が悪かったという理由ではなく、コスタ・ファームというオーストラリア国内で最も大きな企業が運営する農場での仕事を希望したのですが、その農場へ行くには、間違いなく車が必要な場所でした。
そのため、今度は、車の購入するためにお金を貯める事を決めました。

それまでの間、仕事に行くために、片道50~60分歩いていました。普通、仕事に1時間も片道を歩きませんよね。
ですが、その当時、私にとっては楽しくもありました。

最終的には2001年産のオペル・アストラをAUS$1,600-で購入し、コスタへ仕事の応募へ行きました。
そして、ラッキーな事に、応募してから3日目に、ラズベリー摘みの仕事を手に入れました。

コスタは、ホワイト企業ならぬ、ホワイト農場でした。
保険や、休暇、そして高収入が得られ、敬意をもって雇われている事を感じられました。
地元の人や、バックパッカー等、約1,000人以上の人が勤務しており、それぞれにグループに分かれて、任された仕事がありました。
仕事は、スーパーに配置されるまでの品質を保障する為に、大変多くのルールに従いながら、ラズベリーを摘み取る事でした。
これまでに書いたことは、出発してから1か月以内の出来事です。10月19日の飛行機に乗り、11月14日は、コスタでの初勤務日でした。

大変なことも多い海外の生活ですが、ワーキングホリデーは、旅行だけではなく、仕事等を通して色んな経験を得る事が出来ます。
「海外に出てみたいな」、と考えている方には、思い切ってワーホリで出てみてはいかがですか。




Hello!
My name is Aron, and I’m a new Italian and English Teacher at AppleK. Nice to meet you! :)
Back in 2016, I was working as a Computer Technician in my hometown in Italy. I was 21, and I truly wanted to change my life and explore the world. So, one day, I made one of the most important (and crazy) decisions of my life: “quit my job and travel to Australia”.
The first thing to do was to obtain the visa - subclass 417, or more commonly named Working Holiday Visa (WHV). This visa allows travellers or backpackers between 18 and 35 years of age to work, study, and travel for one year in Australia. The procedure was pretty straight forward: answer some questions and pay for the visa. At that time the cost was around 200€, about 24,000¥. After that, I just needed the flight ticket, and because Australia is literally on the other side of the world, the total flight length was 21 hours, layovers excluded.

On the 19th of October 2016, I took a flight from Milan to Brisbane, Australia. Accompanying me was my long-time friend Marco and my trusty, tatty backpack – filled with swimming shorts, four thousand euros, my visa, and the right amount of recklessness. I recall the hollow feeling in my stomach as our plane landed. I’d never lived and worked anywhere other than in my home city, Presezzo, and I didn’t know what to expect. Backpacking through Europe was one thing, but setting up a new life, entirely on my own, on the other side of the world was frankly terrifying.

Despite our visas being “Working Holiday Visas,” we were putting so much focus on the single word “Working.” We were very determined to find jobs in less than a month, which was the maximum amount of time we could live with the money we brought from Italy. But actually, we did much better than that.

On October 22nd, we met two Germans who became our first international friends. They offered us to travel with them and their friends south, into the state of New South Wales to a small town called Woolgoolga, where they had some contacts for work. Before I didn’t mention a crucial detail about the WHV. In fact, after working at least three months (88 days) in regional areas of Australia, you can extend your visa for another year. And that was precisely the type of job we were looking for, a farm job.

The expedition was composed as follows: 2 Germans, 4 Italians, 1 Englishman, a lot of luggage fitted in a Mitsubishi Pajero. It felt like the beginning of an Indiana Jones movie. After having a flat tire on the road in the middle of nowhere, being helped by the police in the middle of the night, and sleeping on an outdoor table, we realized we really were in a movie. But in the end, the day after we got to Woolgoolga.

After a couple of days spent looking for accommodation and a job, we concluded that it was better to split up the group. I, Marco, the other 2 Italians, and Englishman went to live in the most fantastic place I have ever lived in, and its name was Brian Share House. It was a sort of campsite consisting of caravans, prefabs, handcrafted wooden structures and buses transformed into rooms and services, all immersed in a forest. I understand that it might seem inconvenient or not very clean a place to live, but with no doubt, it was my favourite place in which I lived during my two years spent in Australia.
Oh, I forgot to mention, at that time about 30 to 40 people were living there. There were people from all over the world: Italy, France, England, Korea, Taiwan, Australia and Japan.



Going back to our job-searching-quest, I don’t remember exactly how, but in a few days, we found our first job as pickers on a blueberry farm. Our task was to pick blueberries from the bushes and put them in buckets. It sounds pretty easy, right? Well, we quickly learned it wasn’t. You must be very careful while picking blueberries because they are very soft and if you squeeze them, they turn black and are no longer suitable to sell. Moreover, the job pays on a piece-rate system, which means work fast to make a decent amount of money, but at the same time be very careful not to ruin the fruit while picking it — all of this under the super-hot Australian sun.



That job didn’t last very long, but not because it wasn’t good. In reality, we planned to save enough money to buy a car that would have allowed us to work for the principal farm in the area: Costa Farm. In fact, until that day we had gone to work on foot, about 50 minutes to 1 hour of walking one way. Once again, it sounds crazy and tiring, but for me, it was a lot of fun. Anyway, we bought a 2001 Holden Astra for 1600$ (Australian dollars), and we went to Costa Farm to apply for a job. We were lucky enough to receive a call from Costa Farm to be raspberry pickers in 3 days.



That job was way better than the previous one. We were hired in all respects, with insurance, days off and better pay. Around 1,000 people worked there between locals and backpackers, every one with his specific task, group, and boss. Our job was all about picking raspberries and packing them along with hundreds of rules to follow to guarantee the quality of the fruit that after the harvest goes directly on the supermarket shelves. All of this happened in less than a month. I took my flight on the 19th of October, and on the 14th of November was my first day working in Costa Farm.



While it may sometimes be difficult, a working holiday is not just a trip, but an experience than can enrich your life.
If you are considering it, I highly recommend you give it a try!



by Aron Forti