give a man a fish he will eat for a day, but teach a man to fish and he will eat for a life time.

今回は、講師から教わった[英語のことわざ]をご紹介します。
講師より、「良い言葉があるよ!」と教えてもらったので、 皆様にも何か心に響くものがあればと思います。



give a man a fish he will eat for a day, but teach a man to fish and he will eat for a life time.

直訳すると、

ある者に魚を一匹与えれば食べて一日は飢えをしのげるだろう。
しかし、魚の釣り方を教えればその者は一生飢えをしのぐ事が出来るだろう。

元々は、古代中国の言葉の様ですが、一時しのぎに手を差し伸べるのではなく、その人が一生生きていけるようにすべを教える。
その人の事を思ってどこまでの行動ができるかという事ですね。

教えてくれた講師はいつも人の為に行動するような人なので、 こういう素敵フレーズを知っているからこその生き様なのかなと思いました。

皆さんも、自分のお気に入りのことわざを見つけてみてはいかがでしょう?

Time flies.

年末になると、ついつい口にしてしまう言葉ですね。



Time flies.

まさに「時間が飛ぶように過ぎていく」とかなりシンプルな表現です。



日本語だと



『光陰矢の如し(こういんやのごとし)』



でしょうか。 

辞書で引くと「(「光陰」は時間)月日の早く過行くたとえ」でした。



どこの国の人でも、どの時代でも「時間がすぎるのは早いなあ。」と思う瞬間があり、このようなことわざが生まれたのでしょうね。



時間は大切にしたいものですね。

You can’t have your cake and eat it too.



今回も講師から英語のことわざを聞き、 日本ではどのことわざにあてはまるかをやってみました。

まずは講師から聞いたことわざです。

You can’t have your cake and eat it too.
ケーキを食べたら持っていることはできない。

ケーキをずっと持っていたい想いと、食べたい想い、2つの想いをずっと持っていることはできないという意味ですね。
どちらかを選べばどちらかは諦めないといけないという事です。

日本のことわざでは何に当てはまるか考えてみました。
一番近しいものだと、

『二兎追う者は一兎も得ず』

ではないでしょうか?
2つを手に入れようとしたら、1つも手に入らない。
どちらかを選ばないといけない、という所で意味が似ているかなと思います。

一挙両得出来ないという意味でぜひ使ってみてくださいね!

The apple doesn’t fall far from the tree

講師から英語でことわざを教えてもらいました。

“The apple doesn’t fall far from the tree.”


直訳すると、「リンゴは木の周りから遠い所には落ちない」
何を意味しているのか講師に確認したところ、

木が親で、リンゴが子供。リンゴが木の周りにしか落ちないように、子どもも親から遠く離れた感じにならない。

本質は同じって意味かな。
との事でした。

日本でいうと、何に当てはまるのか考えましたところ、 「カエルの子はカエル」ということわざに行きつきました。
子の性質や能力は親に似るものだというたとえですので、 英語のことわざと合致しますね!

「カエルの子はカエル」は褒め言葉としてはあまり使用しないですが、
「The apple doesn’t fall far from the tree.」
は、いい意味でも悪い意味でも使えるとの事です。


なので、素敵な親子がいたらぜひ英語フレーズを使ってみてください。

明日は明日の風が吹く

新しいことが始まるときは、期待に胸をふくらませる反面、心配になってしまうことも多いですよね。

そこで今回は、「明日は明日の風が吹く」という言葉を選んでみました。 この意味を辞書(広辞苑)で引いてみると、「明日はまたべつのなりゆきになる。世の中は何とかなるもので、先を思い煩うことはない。」とありました。



英語では、何というのでしょうか。 


“Tomorrow is another day.”



です。

直訳だと「明日は別の日」でしょうか。 
この言葉が印象的に使われている古い映画があります。 みなさんも名前を聞いたことや本や映画を見たことがあるかもしれませんが、「風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル作)」です。英語だとGone with the Windという題名です。 

アメリカの南北戦争が舞台になっており、劇中で気の強い主人公の女性がこの言葉を言います。 
みなさんもお時間があれば、映画を見て、主人公が言う
“Tomorrow is another day.”
を見つけてみてください。
Page 5 of 8« First...34567...Last »

検索

カテゴリ

最近の投稿