教授法/メソッド 英会話 大阪梅田と難波

初めての方へ

   

アップルKの教授法(EPレッスン)

アップルKの教授法(EPレッスン)

アップルkで行っている、教授法/メソッドを

EPレッスン

と呼んでいます。 「EPレッスン」とは
『Express Program Lesson』
の略称です。

「Express」には「早い」「表現する」という意味があり、


「効率よく、できるだけ早く外国語で自分の気持ちを表現できるようなレッスンを提供したい」
という思いを込めて「EPレッスン」とネーミングしております。

EPレッスンとは

教授法副教材

講師が生徒様のレベルや目的に合わせたテキストを選び、レッスンプランやオリジナルの視覚教材を作成し、ただテキストの読み合わせをする為だけのレッスンではなく、時にはゲームも交えながら自ら文章を作る練習をします。
毎レッスン終了時にはテキストを見なくても自分の力で会話が続けられる様になる為の学習方法です。

当校で採用しているのは、 “Communicative Language Teaching Method”
と呼ばれる教授法で大きく分けて、

1)Presentation =提示 文法の説明
2)Practice =練習 口頭練習
3)Production =産出 実践の場面を想定した中で自分の事について話す
の3つの手順を踏みます。Student-centered=生徒中心型のレッスンで、十分な発話練習を していただけるように、最低でも生徒様50%:講師50%となるようカリキュラムを作成しています。実際のレッスンでは以下のような流れとなります。


★ステップ1★:
緊張をほぐし、日本語モードから学習言語モードにするためのウォーミングアップ (例:ジェスチャーゲームや、絵を見て単語を当てるなど)

★ステップ2★:
今日の勉強する目的を表示

★ステップ3★:
反復練習で、ネイティブに通じる正しい発音、リズム、イントネーションを身に付ける

★ステップ4★:
質問も答えも与えられた中で、ロールプレイをする(この段階では自ら文章を作るわけではないので、まだ完全なコミュニケーションではない)



★ステップ5~6 は、ご自身でぜひ体験してみて下さい!
その日のレッスンで得た知識を実践の場で活用できるようにします。


★ステップ7★:
1~6のステップで学習言語が出やすい状態になったところでフリーカンバセーションを行うことにより、流暢性を高めます。

ただテキストを読む・聞くだけではなく、ステップ1~7の段階を踏み、自ら文章を作れる様になる為のレッスンを行うため、文法を頭で理解するだけでなく、実践の場面で使えるように なります。 それに加え、写真や絵カードなどの視覚教材を使用することにより、楽しく、 分かりやすいレッスンとなっております。
   

ページトップへ